より直感的に操作できる、最新のタッチパネル。

カーナビ

車を運転する上で、目的の場所まで行く時に、地図などを活用します。しかし、地図ではなく実際に音声などで案内をしてくれるのがカーナビで、カーナビにはタッチパネルモニターを搭載したものがあります。

» 詳しくはこちら

携帯電話

かつてお家で固定されていた電話は携帯できるようになり、現在ではとても数多くの携帯電話が登場しています。携帯電話にもタッチパネルモニターは活用され、現在世界中で幅広く使われています。

» 詳しくはこちら

ゲーム機

お家はゲームセンターなどで行なうものとは別に、携帯することができるゲーム機はとても数多く存在します。そのようなゲーム機にもタッチパネルモニターは活用され、ゲーム幅を大きく広げました。

» 詳しくはこちら

タッチパネルとは

オーダーエントリーシステムの導入に迷っているならココのランキングを参考に調べてみましょう。価格やシステム別に調べられますよ。

世の中に様々な精密機械があります。
精密機械は、数々の種類と歴史があり、最近できた物もあれば、とても古い時代から活用されている機械もあります。
その中で、コンピューターなどのようなシステムを組み込まれた精密機会は大変便利で、日本の社会のみならず世界中で活用がされています。
精密機械の多くは、人が操作を行ない、その機会を動かします。
電源をいれて、ボタンなどで指示を出すことにより機会が動き、作業をおこないます。
コンピューターなどのようなシステムが組み込まれた精密機械は複雑に出来ています。しかしその分、細かい作業や、人間が出来ないような作業まで行なえるので、そのような作業をする場合にはとても便利です。
コンピューターを操縦するのは、昔はコントロールするための接続機器などを使うこと多くありました。
システムの設定などが画面に表示され、その画面をみながらコントロールする機器をさわり、精密機械そのものを操縦していました。
しかし近年では、コントローラーなどの接続機器を活用しなくても、画面に直接タッチをすることで、機器を操縦できるようになってきました。
そのようなシステムが組まれた画面は、タッチパネルモニターと呼ばれます。

タッチパネルモニターとは、文字通りモニターにタッチをすることで、操縦がお子なるモニターのことです。
モニターじょうにボタンやアイコンなどのような物が表示され、それをタッチすることでその精密機械そのものが動きます。
タッチパネルモニターは、現在では数多くの精密機械に活用されています。

プリント基板の製作や試作は専門の会社に任せるのがおすすめ!オンライン見積もりを行なっているサービスを利用して、予算を立ててみましょう。

Page Top